ほどよい樽感のある赤(南仏)

    最終更新: 2月23日


    程よく樽のニュアンスが効いていて高級ワインの趣も。

    赤ワイン好きのもビギナーも楽しめるワイン!


    ワイン名:シュバリエ・ド・ランガラン

    ワイナリー名:シャトー・ド・ランガラン

    生産国:フランス

    産地:ラングドック地方

    サン・ジョルジュ・ドルク村

    葡萄品種:グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、カリニャン、サンソー

    ヴィンテージ:

    アルコール度数:

    容量:750ml


    シャトー・ド・ランガランについて


    1632年、アンリ・ダンガランによって建てられ、ワイン造りが始まっている。

    1957年には、現オーナー姉妹の母であるフランシーヌ・グリル夫人が27歳の時、ご主人のファミリーが所有していたこのシャトーでワイン造りをすることを決意。

    歴史的な悪天候や様々な困難を乗り越え、1978年に初めて醸造元詰めワインをリリースした。現在2人の娘、ディアンヌさんが後を継ぎ、ワイナリーを運営している。女性がオーナーとなって、彼女たちで3代目。


    #フランスワイン

    #赤ワイン


    © 2020 自由が丘山屋