スペイン(バスク)、ピノ主体のチャコリ

最終更新: 2月23日


ピノ・ノワールとオンダラビ・ベルツァをブレンド。

ビスカイヤ政府と「ビスカイコ・チャコリーナ」の新プロジェクトの一つとして誕生。

2011年がファーストヴィンテージ。


「エクリプセ」 は「月食」の意味。

果実味にほどよいミネラルが 溶け込んでいて、魚料理との相性も抜群。 海に面したビスカイアならではの香りも感じることのできるすばらしいワイン!

ステンレスタンクで発酵後、 2000リットルのフランス産新樽で6ヶ月熟成。


イチャスメンディの名前は、ビスケー湾の近くにある丘の名前に由来していて、「Itsas」はバスク語で「海」、「Mendi」は「山」の意味をもちます。

ワイン名:イチャスメンディ・エクリプセ Itsasmendi Eklipse

ワイナリー名:イチャスメンディ

生産国:スペイン

産地:ビスカイア

ヴィンヤード:

海にほど近い2つの区画、ゴルリッツGorliz(1.1ha)とムスキスMuskiz(0.75ha)

葡萄品種:ピノ・ノワール75%、オンダラビ・ベルツァ25%

ヴィンテージ:

アルコール度数:

容量:750ml

#スペインワイン

#バスク

#チャコリ

#ピノノワール

#pinotnoir

© 2020 自由が丘山屋

20才未満の方には酒類は販売しておりません