ボージョレ・ヌーヴォー栽培奮闘記 -ビン詰め


10月19日(火)、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーのビン詰めが行われました。21日(木)には、ラフォレさん家族全員でボトルにラベルを貼り、カートンに詰める作業をしました。そしてついに、28日(木)の出荷に向けて、全ての準備が整いました。

 

ラフォレさん家族全員、このヴィンテージに満足しています。

イチゴの香りと際立った色合いで、とても表現力に富んでいます。口に含むと、ラズベリーや赤い果実のアロマが感じられ、バランスが良く丸みを帯びています。典型的なボージョレワインと言えるようなフルーティーなヴィンテージになるでしょう。

 ご注文いただいた皆様に感謝するとともに、この新しいヴィンテージにご満足いただけることを願っています。