ボージョレ・ヌーヴォ栽培奮闘記 - 2021収穫とプレス

更新日:10月31日


9月14日(火)、ヌーヴォーの区画の収穫を開始しました。週の初めにはにわか雨が降ることもありましたが、その後は天候に恵まれています。今夏は、雨が多くかなり涼しい7月だったにも関わらず、収穫前の2週間は気温が高くとても良い天気で、順調に成熟することができました。そのおかげで、ブドウの質の高さには嬉しい驚きがありました。ブドウは秋の果物で、夜涼しく、日中暑すぎなければよく熟します。既にとても甘いので、アルコール度数は自然に13度になると思います。春の霜の影響でブドウの量はやや少なめですが、きれいに色付きました。

 今年もとても和やかで気持ちの良い収穫チームとなりました。チームは精力的に動いていますが、ブドウの房がなかなかもぎ取れないため、予想より進み具合は遅めとなっています。

 9月18日(土)には、ヌーヴォー2021のプレスを行いました。しっかり色付き、とても美しい色合いです。香りには、イチゴや柑橘系のアロマが感じられます。味わいは素晴らしいバランスで、チェリーのニュアンスを伴ったかなり長い余韻があります。香りの存在感が際立った素晴らしいヴィンテージになるでしょう。私たちは、今年のワインの質に満足しています。今のところ、アルコール発酵は順調に始まり、良い状態で進んでいます。