日本ワイン 甲州樽発酵

    最終更新: 2月4日


    甲州樽発酵 2017

    カスタードクリームのような樽のニュアンス、オレンジ、レモンのような柑橘の香り、口中はしっかりとした酸とまろやかな旨み。樽発酵らしい味わい。

    ハーブを使った豚肉料理と!

    ◉内容量 : 720ml

    ◉生産地:山梨県甲州市勝沼

    ◉品種 : 山梨県産甲州100%

    ◉色タイプ:白 辛口

    ◉アルコール 12.9%

    ◉樽発酵・樽熟成 約5ヶ月

    5ヶ月間シュール・リー*1状態(バトナージュ*2を行う)

    ◉新樽比率 約12.5%

    (全フレンチオーク樽、ミディアム〜ミディアムプラストースト使用)

    ◉生産者 : フジッコワイナリー 山梨県甲州市勝沼。甲府盆地の南東に位置する京戸川扇状地に位置する1963年設立のワイナリー

    *1 シュール・リーとはアルコール発酵後に、滓引きをせずに沈殿した滓とワインを接触させておく醸造方法。味わいに深みを与えるのが目的、日本の甲州やフランス、ロワール地方のミュスカデでよく行われる。

    *2 バトナージュとは熟成期間中に樽の底に溜まった滓を棒(バトン)で撹拌して旨み成分を抽出すること

    #日本ワイン

    #自由が丘山屋

    #ワインショップ

    © 2020 自由が丘山屋

    20才未満の方には酒類は販売しておりません