親しみやすいワイン造り - TwoRivers


『トゥーリバーズ』は、マールボロで生まれ育ったワインメーカーデイビッドが2004年に設立したワイナリー。マールボロの2つの河川、「ワイラウリバー」と「アワテレリバー」から命名。


デイビッドはフランス、スペイン、コルシカ、アメリカ、チリで25ヴィンテージを経験し、それぞれの産地で学んだ知識を生まれ故郷であるマールボロへと持ち帰ります。

マールボロの多様な風景を投影するワイン造りを志向してワイナリーを立ち上げました。 5世代続くファーマーの息子として、デイビッドはマールボロで生まれ育ちました。

若き日のデイビッドはマールボロの渓谷や川を駆け回って遊び、自身の体でマールボロの全てを体感してきました。

17歳からワインに興味を持ちワイナリーに出入りしていたデイビッドは、ニュージーランドで栽培と醸造学を学び、Stoneleighとvavasourでのヴィンテージ経験を経て海外へと渡ります。コンサルタントワインメーカーとして、世界各地で25ヴィンテージを経験しました。ヨーロッパの古典的な地域も巡り、多種多様な自然と人が生み出す葡萄、そしてワインに触れ、デイビッド自身の感性を高めてきました。

ニュージーランドに戻ったデイビッドはMount Rileyのワインメーカーとして働いたのち、2004年に念願のワイナリー設立を果たします。偉大なワインにはヴィンヤードが鍵であると常に考えるデイビッドは、生まれ育ったマールボロに対しての深い見聞と知識、そしてこれまでの国際的な経験を生かし、この二つの川の周囲に存在する個性的なミクロクリマを表現するヴィンヤードから、マールボロワインを更なる高みへと導くワイン造りを追求しています。

トゥーリバーズのメインの自社畑・「brookby Hill Vineyard」はマールボロの中でも特徴的なサザンヴァレーに位置します。氷河土壌などの古い年代の土壌が広がり、砂利混じりの沈泥が主ですが、他のサブリージョンと異なり粘土質を多く含んでいます。しっかりとしたストラクチャーと深みのあるテイストが特徴で、マールボロリージョンの中でピノノワールの栽培に最も適した場所でもあります。トゥーリバーズでは、斜面も効果的に使用できるこのヴィンヤードで、ピノノワール、シラー、シャルドネ、リースリング、ピノグリなど、多様な葡萄品種の栽培に取り組んでいます。



2019年に本格稼働を始めた「THE WINE STUDIO」はトゥーリバーズ念願の自前の醸造所です。多くのワイナリーと同様、醸造設備を間借りしてのワイン造りを行ってきましたが、よりフレキシブルに安定したワイン醸造を志向して、マールボロエリアでも久し振りの新規醸造設備の建設を行いました。巨大な最新のステンレスタンクに、コンクリートのエッグタンク、アンフォラなどが並べられ、クラシカルなワイン造りを尊重しながらも、新しい手法に常に挑戦する姿勢が見て取れます。



『Wines with Gusto』をコンセプトにデイビッドが手がけるもう一つのレンジが「ブラックコテージ」です。より親しみやすく、シンプルにおいしいワイン造りを心がけています。


デイビッドがヨーロッパ各地で研鑽した感覚と知識が、マールボロの葡萄から驚くほど飲み心地が良く‘‘GUSTO’’溢れるワインを生み出しています。モチーフのコテージはデイビッドがマールボロに所有するコテージで、ヴィンヤードやオリーブの木に囲まれています。多くの人が集い、ワインを楽しみながら釣れたての魚でBBQをしたり、クリケットをしたり、時にはライブ会場にも変貌するコテージです。

© 2020 自由が丘山屋

20才未満の方には酒類は販売しておりません