6/24(木)トム デ ボージュ <パカール社熟成>


表皮は色とりどりのカビに覆われ、素朴でゴツゴツしていますが、中身は味わい深い風味を持っています。


サヴォワ地方の数ある「トム」の中で、唯一AOPに認定されているこのチーズは、伝統的なアルパージュが盛んなボージュ山塊でつくられています。


年間120日以上の放牧が定められた夏期放牧の牛のミルクからつくられ、牧場で最低5週間熟成後、さらに湿度の高いパカール社のカーヴで3〜4週間熟成されて完成します。